全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 父親が死んで1年以上経った後に、借金取りが突然現れて金を払えと言ってきたとき相続放棄ができるか?

【結 論】 相続放棄ができる可能性がある。(最判S59.4.27)

 相続放棄や限定承認は、相続の開始があった(被相続人が亡くなった)ことを知った時から3か月以内にしなければなりません。この3ヶ月を熟慮期間といい、この期間内に放棄も限定承認もしなかったときには単純承認をしたものとみなされ、被相続人の借金を含む全てを相続しなければなりません。しかし悪質な債権者であれば、借金があることをわざと隠して、3ヶ月以上経ってから請求してくることだってあり得ます。
 そのような場合にまで、親の借金を返さなければならないとすれば酷な話です。

 そこで裁判所は、相続放棄をしなかったのは父親には借金がなかった、あるいは他人の保証人になどなっておらず、遺産があると信じたためであり、そう信ずるにつき相当な理由があれば相続放棄ができる。すなわち3か月の熟慮期間は親が死んだときから始まるのが原則ですが、本事案では連帯保証人になっていたことを知り得なかった事情があったとして、熟慮期間は3ヶ月を過ぎた後でも始まる可能性があることを、例外的に認めました。

 もっとも、この判決には反対意見が付されています。
 法律は債権者を保護するため、意識的に熟慮期間に例外を認めていないとすべきであり、例外を認めることは立法論に踏みこむことになるというもの。たしかに3ヶ月を徒過すれば単純承認になってしまい、条文上も訴訟法でいうところの擬制、すなわち反証を許さないとしていることからも、熟慮期間を徒過することは重大な瑕疵だと理解する必要があります。
 父の借金を自分の財産から取られかねない相続人の利益と、貸したお金が債務者の死という偶然の事情で取り立てられなくなる債権者の利益が、するどく対立した事案だったと言えます。

 なお別の事案ですが、父には借金があるという兄弟の言葉に騙されて相続放棄をしてしまったケースがあります。このような相続人間で騙し合いが行われたときは、欺罔行為で相続放棄をしてしまったと家庭裁判所に申立てて、相続放棄を取り消すことができます。

 本事案のような法定単純承認が無効になったときや、騙されて相続放棄を取り消した後の処理としては、再度相続放棄なり分割協議をすることになろうと思います。
 ここで相続放棄をするときに、ひとつ注意すべきことがあります。例えば親の相続財産が1,100万円で、借金が1,000万円だったときにどうするか。あるいは財産が土地建物だけだったので全部を母に相続させ、子は全員相続放棄をするといった場合です。
 相続放棄をすると初めから相続人とならなかったことになりますから、万が一資産が残っていれば祖父母、叔父や叔母などに財産の一部がもっていかれる可能性がありますので注意が必要です。
 本事案は相続放棄に例外を認めた特別な事案です。相続放棄には強い効力があり、取消しできないのが原則ですので慎重に行ってください。

当事務所がお手伝いします 相続人の確定、相続財産の算定、遺産分割協議