全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 全く目が見えない者が書いた自筆証書遺言は有効か?

【結 論】 添え手をした他人の意思が介入した形跡のないことが、筆跡のうえで判定できるなら有効である。(最判S62.10.8)

 老人介護に携わっている友人から、目の不自由な老人が遺言書をつくりたいと言っているのだがどうしたらよいかとの問い合わせがありました。結論をいえば公正証書遺言がもっとも適切なのですが、自筆証書遺言はつくれないのか、例えば代筆や証人を立ち会わせてつくった遺言書は有効になるかが問題です。
 そこで、この事案が参考になります。
 ここでは遺言者が老人性白内障で視力が衰え、さらに脳動脈硬化症の後遺症で手がひどく震えるようになり、単独で字を書くことができなくなった。遺言書を自分で書き始めたが、手の震えと視力減退のため偏と旁が一緒になったり、字がひどくねじれたりしたため、妻が添え手をして遺言書を書いた。
 このようにして作られた遺言書は、自筆能力があると言えるか、さらに自書と言えるか、自筆証書遺言の有効無効が争われました。

 裁判所はまず、全く目の見えない者であっても、文字を知り、かつ、自筆で書くことができる場合には、仮に筆記について他人の補助を要するときでも、自筆能力を有するとしました。分かりやすくいえば全盲者、盲人であっても自分で書く能力はあるということです。
 次に自書と言えるかとの点について。
 自書は自筆証書遺言の本質的要件であり厳格な解釈を必要とする。病気その他の理由により、運筆について他人の添え手による補助を受けてされた自筆証書遺言は、他人の添え手が、単に始筆若しくは改行にあたり若しくは字の間配りや行間を整えるため遺言者の手を用紙の正しい位置に導くにとどまるか、又は遺言者の手の動きが遺言者の望みに任されており、遺言者は添え手をした他人から単に筆記を容易にするための支えを借りただけであり、かつ添え手が右のような態様にとどまること、すなわち添え手をした他人の意思が介入した形跡のないことが、筆跡のうえで判定できる場合には自書の要件を充たす。

 いかにも判決文らしい言い回しで読みづらいですが、すなわち次のような点を満足していれば自書として認められると言えます。
 添え手をした他人の意思が、介入した形跡がないこと。
 添え手は書き始め、改行など遺言者の手を用紙の正しい位置に導くためだけのもの。
 添え手は、単に筆記を容易にするための支えにすぎないこと。

 そうはいっても、具体的にどの程度の介入なら自書として認められ、自筆証書遺言として有効になるのでしょうか。
 とても微妙な判断が求められそうですが、本事案では次の理由で遺言は無効とされました。
 本件遺言書には、書き直した字、歪んだ字等が一部にみられるが、一部には達筆な字もみられる。
 便箋四枚に概ね整った字で本文が22行にわたって整然と書かれており、妻が背後から夫の手の甲を上から握って支えをしただけでは、到底本件遺言書のような字を書くことはできない。
 妻が夫の声を聞きつつこれに従って積極的に手を誘導し、妻の整然と字を書こうとする意思に基づき本件遺言書は作成されたものである。

 自筆証書遺言が有効になるためには、File(遺言001)でも述べたように、全文・日付・署名の3つを遺言者自ら書くことと押印です。
 しかしこの事案でみるかぎり、自書の要件はとても厳格に扱われており、他人がただ添え手をしただけですとか本人が言ったとおりに書いたと主張しても、なかなか認めてもらえないと考えた方がよさそうです。
 もちろん代筆ではダメですし、証人や立会人がいたとしても自筆証書遺言として認めてもらえません。視力が残っていて、遺言内容がきちんと文書にできるうちにつくる必要があります。
 仮に本事案のように視力を失ったり、書くことが不自由になってしまったときには自書が要求されない方法で遺言書をつくる必要があります。すなわち手間と費用がかかっても、公証人が関与する公正証書遺言や秘密証書遺言にするのが賢明でしょう。

当事務所がお手伝いします 遺言書作成指導、公正証書遺言原案作成、遺言無効の申し入れ、任意後見受託