全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 妻子ある男性が不倫したとき、子は父の不倫相手の女性に慰謝料請求できるか?

【結 論】 特段の事情がなければ、未成年の子から父親の不倫相手女性に慰謝料請求はできない。(最判S54.3.30)

 婚姻生活が破綻していなければ、夫が不倫したら妻は不倫の相手に対して慰謝料請求ができます。これはこれまでも多くの判例で示されてきました。
 なぜかというと、不貞は平穏な婚姻生活をする権利を侵害する不法な行為だからです。
 そうであるなら、子供も不倫の相手方に慰謝料請求ができるのではないか。子にも平穏な婚姻生活から利益を享受する権利があるはずです。

 例えば不倫があったことで夫婦間の争いが絶えなくなった、不貞側が生活費を入れなくなって養育費を欠くようになった、不貞をした親が家庭を顧みなくなり愛情を注がれる機会が少なくなったなど、精神的にも経済的にも子供が不利益を被る可能性が大きい。
 しかし裁判所は、父親が未成年の子に対して愛情を注ぎ、監護、教育を行うことは、他の女性と同棲するかどうかにかかわりなく、父親自らの意思によって行うことができるとの理由で、子からの慰謝料請求を認めませんでした。つまり、子に対する愛情や監護は基本的には父親が独立してなすべきもので、相手女性がいたからといって子の受ける利益が直ちに害されるものではないということです。

 ただし、相手側女性が害意をもって、父親の子に対する監護等を積極的に阻止したようなときには特段の事情があるといえます。そのような積極的に他人の平穏な婚姻生活を破壊するような行為があれば、相手側女性が子に対する不法行為責任を負うことを否定しませんでした。
 例えば父親が病気の子を看病しなければならない場面で、相手側女性がそれを制止して付き添わせなかったり、社会通念上家族が一緒に過ごし、楽しむべき行事などへの出席を、ことさらに邪魔したといったことが挙げられるでしょうか。そのような、平穏な婚姻生活を侵害する積極的な行為があったときには、子の親に対する監護や教育、愛情を注がれる権利を害したとして、相手側女性に対して子は慰謝料請求できる可能性があると言えます。

当事務所がお手伝いします 不倫相手に対する慰謝料の申し入れ