全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 妻名義の土地建物を夫が勝手に売ってしまった場合、妻は登記をとりもどせるか?

【結 論】 妻は登記をとりもどせる。(最判S44.12.18)

 教科書にも使われているとても有名な事案です。
 夫婦の一方が日常の家事にあたる行為をした場合には、夫婦は連帯して責任をとらなければなりません(民761)。それでは不動産の売買は、日常の家事にあたるのかが問題となりました。
 夫婦は連帯責任を負うとはいえ、個人の財産は各々に別個に所属し管理されるべきだとするのが民法の原則です。

 そこで裁判所は、売られてしまった側の財産保護と、不動産を買った者との利益を比較して、買った者が夫婦の日常の家事の範囲内に属すると過失なく信じた場合には売買は有効になるとしました。
 一般的にみれば、不動産の売買が日常の家事といえるのは非常に特殊な、例えば不動産業を営んでいるとか、処分すべきかなりの不動産を所有しているといった場合でしょう。この事案では土地建物を買った側には、その売買が夫婦が日常的に行っていると過失なく信じるべき事情は見あたらなかった。つまり、なんだか怪しいなと思いながら夫から妻名義の土地建物を買ったようなときには、妻から土地建物を返せと言われれば返さなければなりません。
 では不動産所有者である一方が病気で入院していたり、失踪してしまった場合にはどうすべきか。意識があるのであれば代理、意識が不十分であれば任意後見制度を、失踪してしまった場合には失踪宣告など、民法は場面に応じて色々な制度を準備していますので事情に応じて使い分けができます。

当事務所がお手伝いします 所有権移転登記申し入れ、登記抹消申し入れ、損害賠償申し入れ、任意後見受任