全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 一方的に実家に帰ってしまった妻が、夫に生活費を請求できるか?

【結 論】 妻は生活費を請求できない。(東京高決S58.12.16)

 妻が子を連れて一方的に実家に帰ってしまい、その後夫からの再三の復縁の申し出にも応じなかった。その場合でも妻は夫に生活費を請求できるかどうかが問題となりました。
 裁判所は、婚姻が破綻して別居生活に入った場合でも、離婚しない限り夫婦間に婚姻費用分担の義務はあるとしつつも、別居を強行して生活回復の努力もしなかった妻から婚姻費用の請求はできないと判示しました。

 婚姻費用は夫婦で分担されるべきことが原則ですが、余りにも他方の意思を無視して一方的に別居を継続した上での婚姻費用請求は、権利の濫用となって認められない可能性があります。
 もっともそのような場合でも、妻が未成年者の監護をしていたり、夫の暴力が原因で共同生活の継続が困難になったときには生活費の請求は認められることになるでしょう。本事案でも妻自身の生活費にあたる分の請求は認められませんでしたが、未成年の子の監護費用は請求できるとされました。

当事務所がお手伝いします 婚姻費用分担の申し入れ、合意書作成、離婚のための協議申し入れ