全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 隣の家が近接しているとき、目隠しを設置するよう隣家に請求できるか?

【結 論】 隣家の窓や縁側などが敷地境界線から1メートル未満のときは、目隠し設置を請求できる場合がある。(さいたま地H20.1.30)

 民法には隣近所との関係を調整するために、境界標の設置、木の枝や根の処理、建物の築造内容などについて決められています。そのなかに隣接した家同士のプライバシーを保護するため、敷地境界線から1メートル未満の距離において、他人の土地を見とおすことのできる窓又は縁側を設ける者は、目隠しを付けなければならないという決まりがあります。
 それでは、窓が半透明なすりガラスだった場合でも目隠しをつけなければならないのか。引き違い窓でなく、全開できない滑り出し構造の窓でも目隠しをつけなければならないのか。目隠しをつけるにしても、どちらがつけるかなどが問題となります。

 本事案は、敷地境界から90センチメートルの場所に、3階建ての賃貸用共同住宅を建築した者に対して、窓に目隠しを設置するよう隣家が請求したものです。なお、原告の2階建ての家も敷地境界線から90センチメートルの位置にあり(よって建物間の距離は1.8m)、寝室、居間、ベランダなどが設置されている。
 賃貸用共同住宅の建設にあたっては、設計・建築会社との間で建築位置や換気扇からの排気、プライバシー保護などについて話し合いが行われ、目隠しについては、当初予定されていた透明な窓ガラスから網入りすりガラスに変更された経緯がありました。

 すりガラスでは不十分で、さらに目隠しを設置せよとの請求に対して裁判所は、共同住宅の1階と2階の窓について、金属製又は樹脂製の目隠しを設置するよう共同住宅側に命じ原告の請求を認めました。
 原告側の家と被告側共同住宅は、接近した隣接関係にあるのですから、互いにプライバシー保護を主張する理由があり、両当事者の利益が対立します。そこで裁判所は、原告側の家の窓は南東方角にあり、日常的に使用している居間に面し開けることが予定されている。これに対して共同住宅の窓は北西方角にあり、採光、換気を目的とする窓であって、日常的に開放して使用することは予定されていない。
 したがって、共同住宅が窓に網入りすりガラスを使用し、一定の配慮をしていることを考慮したとしても、原告がその日常生活において被る不都合は、共同住宅の居住者に比して大きい。よって、原告の目隠設置請求が権利濫用になるということはできないとしました。
 このように当事者間の利益が対立する場面では、理由なく片方のみの主張を認めるのではなく、両当事者の利益を比べる利益衡量をしてどちらの言い分が正当かを判断することが多いようです。

 この事案で原告は、他にもプライバシー侵害そのものについて、また日照権侵害、換気扇の排気風による悪臭被害、騒音被害などが生じたとして、不法行為に基づく損害賠償や差し止めなどの請求をしましたが、これらは理由がないとして認められませんでした。
 近隣関係は、お互い将来に渡って抱えていかなければならない問題ですので、処理のしかたを誤ると面倒です。隣近所との間で生じた問題を円満かつ速やかに解決したいときは、第三者を間に入れることも視野に入れて頂きたいと考えます。

当事務所がお手伝いします近隣問題に関する調査、相手方への申し入れ、和解書作成、行政機関への申立て