全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 貰ったものを返せと言われたら、返さなければいけないか?新ネタ<

【結 論】 書面による贈与だったり、口約束でもすでにもらったものは返さなくともよい。(最判S60.11.29)

 一度もらったものを後で返せと言われたら、返す必要があるのでしょうか。
 民法では書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができるとしていますので、書面による贈与は撤回できません。また履行の終わった部分についてはこの限りではないとしていますので、口約束であってももらったものを返す必要はありません。
 では書面というのはどの程度のものでなければならないか、この事案では書面の内容が問題となりました。

 問題となった書面は、土地を他人に贈与するため登記を依頼する内容証明郵便だったのですが、裁判所は書面に贈与がされたことを確実に看取しうる程度の記載があれば足りると判示しました。
 さらに贈与の意思表示自体が書面によっていること、贈与の当事者間で作成されたこと、書面に無償の趣旨の文言が記載されていることも必要としないとしています。
 通常なら、贈与契約書などを贈与者と受贈者のあいだで取り交わすべきでしょうが、この判例からすると贈与したことを証する書面はかなり広く解釈できます。
 贈与したことが分かる書面の範囲が広いということは、贈与を撤回できる範囲が狭くなることを意味しますので、遺贈なども含め贈与する内容の書面を作るのは慎重にすべきです。

 一方、実務上割と問題になるのは書面によらないケースです。
 例えば男女の関係が険悪になったとき、それまで相手が払った飲食代を請求されたとか、甚だしいのは自宅に遊びに誘ったのに電気水道代を請求されたといった話がありました。
 常に割り勘が飲み食いの原則とはいえず、相手を自宅に招きいれる際にいちいち電気水道代は折半だなどと普通は言わないでしょう。
 このようなケースでは、黙示とはいえ相手に贈与の意思があったとして、履行が終わった部分を返す必要は無いということになります。

当事務所がお手伝いします贈与契約書作成、遺言書作成、公正証書起案、内容証明郵便の起案