全画面で読む     全画面を閉じる
【事 案】 交通事故の示談が成立したが、そのあとで後遺症が発生した場合、さらに損害賠償請求ができるか?

【結 論】 請求できる。(最判S43.3.15)

 示談は、被害者が一定額の支払いを受けることで満足し、それ以上の賠償請求権を放棄することです。
 加害者側もそのつもりで示談をするわけですから、示談が成立ている以上問題を蒸し返すのは許されないとも考えられます。たしかに被害者のケガや損害が固定したあとに成立した示談で、「被害者は何らの請求を行わない」とか「すべて解決し、他に何らの債権債務のないことを確認する」など書かれた書面を交換したにもかかわらず、追加的な請求をするのは不当です。

 しかし裁判所は、示談が成立した後になされた損害賠償請求を認めました。
 全損害を正確に把握できないような状況においてなされた示談は、示談当時予想していた損害についてのみに限られるという理由です。被害者救済が損害賠償の趣旨であるとすれば、示談当時に予想できなかった後遺症や再手術の必要が生じた場合にまで、被害者が賠償請求権を放棄したとするのは酷だからです。

 ちなみに和解と示談とは若干異なり、和解は当事者が互いに譲り合う互譲が基本であるのに対し、示談は互譲までは必要なく、一方当事者が積極的に条件を提示して互いに納得すればよいとされています。
 本事案のように片方当事者の被害程度が固まっていない時点でなされた示談では、その余の損賠賠償請求が放棄されたものとすると、たしかに被害者に酷です。示談で全てが終わりということではなく、トラブル回避のためには、加害者の被害者に対する思いやりも大事だと考えます。

当事務所がお手伝いします 事故の記録作成、損害調査、損害賠償の申し入れ、和解書や示談書作成